尺八逸漣会紹介

尺八逸漣会は大正十年に初代家元 池田逸漣によって、尺八楽の普及発展と門弟の指導育成を目的に創立されました。以後、山梨県は元より全国に多くの支部を創設し、万余の門弟が輩出されております。

現在は総本部逸漣荘(山梨県甲府市)を練習の場として、初代家元 池田逸漣・二代目家元 池田逸童先生の作曲集、尺八本曲、筝曲を中心に童謡、歌謡曲等を織り交ぜ、尺八楽の研究と会員相互の親睦を図りながら、日々研鑽に努めております。またその成果は、やまなし県民文化祭、山梨三曲連盟定期演奏会、ボランティア活動等で発表し、皆様に喜んで頂いています。

初代家元 池田逸漣の紹介はこちら

総本部逸漣荘の紹介はこちら